loading…

幸福度を高める報酬体系を目指しています

株式会社ソーラーパートナーズでの報酬は、大きく月例給与と決算賞与から構成されます。
それぞれの支給額を決める上で重視している点は、「社員の幸福度をできるだけ高められる報酬体系」にすることです。
今回は、どのような考え方で報酬体系を決めているのか説明したいと思います。

「幸福度のピークは年収750万円」

ノーベル経済学賞を受賞したプリンストン大学のアンガス・ディートン先生の研究によると、年収が増えれば増えるほど幸福度も増えるそうですが、年収75,000ドルを超えると幸福度との相関はあまり見られなくなるそうです。
この論文が発表された2010年は、1ドルが100円を下回るような為替相場でしたので、日本円に直すと年収750万円が一つの基準と言ってよいと思います。
確かに、自分自身の経験や周りの人間を見渡すと、「幸福度のピークは年収750万円」と言われても、あまり違和感はありません。
年収が750万円よりも低いうちは、欲しいものを我慢しなくてはいけない状況が多いため、年収が増えるほど幸福度も増えるような気がします。
一方、年収が750万円を超えてくるようになると、欲しいものはある程度買えるようになる反面、仕事で求められる責任やプレッシャーが大きくなるため、単純に「年収が多くて幸せ」と感じにくくなるのかも知れません。

そういったことを考えると、「一定の役職で活躍してくれている社員が年収750万円稼げること」を実現した上で、「働きやすさ」や「仕事のやりがい」を高めることで、社員が幸福な人生を歩めるようなサポートをしていくことが、経営者が果たすべき責任ではないかと考えています。
「結果を出せば若くても年収1,000万円!」と聞くと魅力を感じる人も多いと思いますが、「幸福度」という観点から見た場合、必ずしもそれが良いとは言えないのかも知れません。

月例給与は右肩上がりに

月例給与は、基本給と役職手当で構成されます。
このうち、基本給は年功序列で上がっていくようにしています。
毎年1月に昇給し、原則全員が月5,000円昇給します。
また、役職手当は、主任手当10,000円/月、係長手当30,000円/月など、役職に応じて支給されます。
毎年の昇給は全員一律ですが、役職は誰でも上がっていくわけではなく、株式会社ソーラーパートナーズの理念を体現しつつ、成果を上げられる社員が昇進することとしています。
そして、一度役職が上がれば、よっぽどのことがない限り役職が下がることはないようにしています。
したがって、月例給与は、定期昇給分と役職手当によって、毎年少しずつでも右肩上がりに増えていく設計となっているわけです。
月例給与は社員にとって生活をするための基盤となります。
この基盤が、仕事の成果によって上がったり下がったりすることは、生活の安定を奪うことになり、社員の幸福度を下げる要因になりかねません。
そのため、一度上がった月例給与が下がることがないように配慮しています。

決算賞与は成果主義

一方、年に1回支給する決算賞与は、成果主義によって決まります。
年末が近づくとその年に出る利益額の予測値を算定し、その一定割合を決算賞与の原資にしています。
毎年の利益額は年によって変動がありますので、全社員に支給するための賞与原資も、その年その年によって変動することになります。
この賞与原資を社員で分け合うことになるわけですが、その際には一人ひとりの活躍に応じて大胆に分配額を変えています。
同じような時期に入社して、同じような役職であったとしても、その年の活躍量に差がある場合には、賞与支給額には大きな差が出ます。
月例給与が年功的要素が強いのとは対照的だと言えます。

月例給与は生活給なので安定を重視し、決算賞与は活躍した人にしっかり報いることを重視しているわけです。

ちなみに、決算賞与は多い人では200万円を超える支給となることもあります。
今後も一人あたりの生産性をどんどん高めていけるように業務改善を積み重ね、より多くの決算賞与が支給できるようにしていきたいと思っています。

時間外手当は定時前でも支給

月例給与には、基本給と役職手当に「時間外手当」も加えられることになります。
当たり前の話ですが、時間外手当は勤務した分きっちり支給します。
タイムカードで管理し、1分単位で時間外手当を支給するようにしています。
一般的な概念では、「時間外手当=残業手当」と考えられていますので、定時の終業時刻を過ぎた分をカウントすることが多いと思いますが、株式会社ソーラーパートナーズでは、早めに会社に来て自主的に仕事を始めた分も、1分単位で時間外手当にカウントするようにしています。
そのような定時前の時間外勤務も把握した上で、ひと月あたりの時間外勤務が多くなり過ぎないように配慮しています。
ただ、在宅ワーク時には細かい管理を行うよりも、自宅での生活リズムに適した在宅ワークをしてもらいたいと思っているため、1時間単位で勤務時間を把握するようにしています。
今後は在宅ワークがますます浸透することになりそうですので、在宅ワーク時の管理方法についてはより適切な方法を検討していく必要があると認識しています。

アニバーサリー休暇手当

これまで説明してきた月例給与・決算賞与とは別に、「アニバーサリー休暇手当」という特別手当もあります。
株式会社ソーラーパートナーズには、誕生日や結婚記念日のような、社員の大切な記念日に休暇を取得できるアニバーサリー休暇制度がありますが、アニバーサリー休暇を取得する際には、「アニバーサリー休暇手当」として5万円が支給されることになっています。
プライベートの充実が社員の幸福度向上につながると考えて、このような制度を設けています。

以上のような報酬体系によって、社員の幸福度を高めていきたいと考えています。
冒頭に説明したように、年収だけで幸福度が決まるわけではありませんが、会社としてやれることにしっかりと取り組むことで、社員から信頼される優良企業になりたいと日々努力しています。