loading…

社員インタビュー

管理部 鈴木陽介(システムチーム)

仕事内容

Ruby on Railsで社内開発した「ENTO(エント)」という顧客管理システムの継続的な改善を、プログラマーとして日々行っています。ENTOは社内のソーラーアドバイザーが毎日使用しているシステムで、頻繁に改善依頼が出てきます。出てきた改善依頼の内容を確認し、実装しています。
プログラミングの他に、社内インフラの維持管理も担当しています。業務に使用するパソコンの設定作業を行ったり、必要なデータのバックアップやアクセスログのチェックなども定期的に実施しています。

仕事のやりがい

まだまだ駆け出しのプログラマーなので、難易度の高い開発案件を担当することはあまり多くありませんが、自分では難しいと思っていた開発案件が無事に開発できたときが一番仕事のやりがいを感じます。
また、自分が開発した改善でみんなの業務が効率化され、みんなから感謝の声をもらえるのは、社内開発ならではのやりがいかも知れませんね。

管理部 鈴木陽介(システムチーム)

ソーラーパートナーズに入社を決めた理由

実は、ソーラーパートナーズ以外にも、いくつかの大手企業から内定をもらっていました。その中でソーラーパートナーズに入社を決めた理由は、ソーラーパートナーズならそこで働く自分の姿が明確にイメージできたからです。
就職活動をしていた当時は「ブラック企業」という言葉が流行っていて、自分もすごく警戒していました。内定をもらったいくつかの会社は、全国的に有名な大企業でしたが、面接では自分のことを個人として見てもらえているような感じがしませんでしたし、そこで働く自分の姿もイメージできませんでした。ソーラーパートナーズは、自分のことを単なる歯車ではなく、個人としてしっかり見てくれていると感じたので、入社を決めました。

休日の過ごし方

まだまだプログラマーとしては勉強中の身なので、休みの日にもプログラミングに関する勉強をしていることが多いですね。
また、大学時代に演劇をやっていたこともあって、映画館にもよく足を運びます。
あとは料理も好きですね。得意な料理は、「ぶり大根」です。魚の煮つけは、安定して美味しく作れる自信があります!

管理部 鈴木陽介(システムチーム)
SOL Caféで淹れた美味しいコーヒーを飲みながらくつろぐ鈴木